メインイメージ

スマホ用デザイン

ホームページ作成する時はパソコンだけでなくスマホ用デザインも作成しよう

最近のホームページ作成において、以前のようにウェブサイトの閲覧者が利用する機器をパソコンだけとは限定していません。というのは、スマートフォンが普及しているからです。今のスマートフォンは解像度が高いので、パソコン向けのデザインになっているウェブサイトでもスクロールせずに表示することは可能な場合もありますが、文字が非常に小さくなってしまうため、パソコン向けのデザインとは別に、スマートフォン向けのテンプレートを作って同じコンテンツを表示させるというのが、今のホームページ作成の基本です。

では、スマートフォン向けのデザイン、テンプレートとはどのようなものなのでしょうか。まず、スマートフォンの特徴の一つに、画面を指で触って操作をするというものがあります。ウェブサイトをスクロールして見たり、あるいはリンクをクリックする場合も指で行うのが普通です。なので、指でクリックしやすいように、メニュー、コンテンツなど縦に区切って表示するというのが一般的です。

パソコン向けのホームページ作成を行う場合、ウェブサイトを縦に二分割、あるいは三分割して、同じ画面でメニューとコンテンツを表示させることが多いですが、スマートフォンだと、縦に分割したレイアウトだとそれぞれ幅が狭くなって指で操作しにくくなり、また、コンテンツも読みにくくなってしまうので、縦は一列のみなのが一般的です。ただ、ジャバスクリプトを利用して、特定の場所をクリックすることで左、あるいは右からメニューが出てくるようにして、一時的に二分割のレイアウトにするというデザインが用いられることもあります。

また、スマートフォン用のホームページ作成を行う場合、画像をあまり用いないようにするということがあります。これは、スマートフォンの回線は転送量に上限が設けられていることがあり、速度も光ファイバーの回線よりも遅いからです。なので、ファイルサイズを出来るだけ小さくするために、画像の使用を抑えるわけです。

ホームページ作成するにあたって、必ずスマートフォンに対応しておかないといけないというわけではありませんが、検索サイトには、検索結果に表示されたサイトがスマートフォンに対応しているかどうかを表示するところもあるので、アクセス数を重視するウェブサイトを作りたいのであれば、出来るだけ対応しておくべきでしょう。ブログであれば、プラグインをインストールするだけで対応できる場合もあります。”

最近の投稿

バナー